選び方

ヒアルロン酸には複数種類があり、水分などを一切含まない無水ヒアルロン酸などというものも存在しています。スキンケアに使う場合やサプリメントで摂取する場合などに、どんなヒアルロン酸が良いのかを知りましょう。一般的にヒアルロン酸の分子はとても大きいので皮膚の組織にしっかりと入り込んでいくことができません。私達の肌はいくつかの層になっているのですが、その最も奥が真皮層というものになります。しかし、一般的なヒアルロン酸はこの真皮層まで届くことができないので、大きな分子のまま最も表面となっている表皮の部分にとどまります。

これを更に小さな分子にしたヒアルロン酸であれば、お肌の奥まで届いてくれるので、内側からの潤いを維持することができるでしょう。外側から摂取するだけではなく、お肌の中でもヒアルロン酸が作られています。そして、内側からの水分をキープしてくれますので、ある程度の年齢まではみずみずしい状態が続くのです。

しかし、加齢とともに体内で作られるヒアルロン酸が減ってしまいますので、ここでスキンケアなどによって補ってあげなければなりません。前述の通り大きな分子ではなく、小さな分子として肌に吸収されやすく改良されたものがヒアルロン酸ナトリウムになります。お肌の一番表面の表皮部分で水分をとどめて乾燥を防いでくれるので、ひび割れや粉ふきなども予防してくれます。しっかりとお肌の内側まで良い成分を届けたい場合、低分子ヒアルロン酸のサプリメントを飲むと良いでしょう。また、通常よりもさらに保水力の高いスーパーヒアルロン酸と呼ばれているものもあります。

 

コラーゲンも一緒に使う

ヒアルロン酸が含有されたスキンケア商品などを使うことで、お肌はどんどん潤いを取り戻してくれます。また年齢が比較的若いうちから使用することによって加齢によるヒアルロン酸の減少を防ぎ、仮想状態などを事前に防ぐことにもつながっていきます。この数年、自宅でイオン導入などをする方も増えていますが、この場合には、保存料などの添加物が加わったケア商品を使ってしまうと、お肌にも悪影響です。導入にも使えるように添加物を加えていないヒアルロン酸なども販売されるようになりました。

このようなケアでヒアルロン酸を使うときには、コラーゲンも同時に使っていくとさらに効果が高まります。ヒアルロン酸はお肌の中で水分を保持してくれますが、一方のコラーゲンは張りを与えてくれるという働きを持っています。そのためヒアルロン酸がしっかりと水分を保持した上でコラーゲンが張りを与え、見た目にも非常に若々しい状態が維持できるのです。

単純に水分だけを補っていても、張りがなければお肌はアンバランスな状態になってしまうでしょう。みずみずしいお肌というのは乾燥していないことだけでなく張りも必要になります。ヒアルロン酸とコラーゲンは非常に相性が良く、相乗効果によってお肌の表面をピンと貼ってくれるので、毛穴の開きやお肌のたるみなども予防する効果が非常に高いのです。真剣にお肌のケアを考えている方はこの2つの成分が含有されたケア商品などを選びましょう。またコラーゲンもヒアルロン酸と同じように低分子になっているものや、アレルギーの起きにくい植物性コラーゲンが使われているものを選ぶと良いでしょう。